roadtracer

アクセスカウンタ

zoom RSS あんこう鍋ツアー '160204

<<   作成日時 : 2016/02/08 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨年この時期に行った“あんこう鍋”をまた食べたいということで、いつもの(おじさん)メンバーで行ってきた。 せっかく北茨城に行くのだから、行ったことのない“水戸偕楽園”にも寄ってみた。

画像


 梅はまだまだ先のようで、梅園は1〜2本程度花をつけている程度で閑散としている。とりあえず“好文亭”と呼ばれるこちらに入ってみた。

画像


 水戸藩第九代藩主徳川斉昭自らが設計し、ここに文人墨客や家臣、領内の人々集めて詩歌や慰安会を催した所。とガイドマップに説明書きがありました。いくつもの襖絵と、料理用リフト、次の写真の紅梅が印象的だった。

画像


 帰路にて駐車場へ向かう歩道橋から、改築中の“梅まつり”の開催期間用の臨時駅“偕楽園駅”が見えた。開催期間の人出の多さが想像できる。

画像


 昨年と同じ宿にお世話になったが、“あんこう鍋”こそオプションとはいえ、ここの夕食には豪華なお刺身の盛り合わせや、煮魚、魚のてんぷらが付く。

画像


 しかも、盛り合わせの魚の“お魚名簿”があるので、(すぐ忘れてしまうだろうが)魚ごとの違いがわかる。

画像


 昨年来たときは工事中のため駐車場に入れなかった“長浜海岸”。工事は完了していて車は止められたものの、砂が鳴くことはなかった。

画像


 この旅行も二回目となり、おそらく来年は違う所に行くだろうが、宿以外はノープランで出発する面白さと、“あんこう鍋”は捨てがたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、確か震災の翌年に食べに行きました。
当時は、まだ壊れた建物も残ってました。
Kapaa
2016/02/09 22:52
kappaさん、昨年は平潟漁港まわりで道路工事をしていましたが、今年はきれいになっていました。
あんこう鍋ですが、昨年より濃厚な味なので聞いてみたら、あんこうの個体差との回答でした。当たり外れがあるようです。
aet
2016/02/10 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
あんこう鍋ツアー '160204 roadtracer/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる